検索
  • Deltasports

とびやすいなわとびの選び方とは?オススメのなわとび5選!


なわとびは、モノをしっかり選ぶことが大事です。とは言え、何を基準に選べばいいのか、よく分からないというのが本音ではないでしょうか。そこで今回は、なわとびの選び方やオススメのなわとびを紹介します。

なぜモノ選びが大事なのか

なわとびはモノによって回しているカンカクが全く違います。本来はうまくとべる子どもでも、「なわとびが合わなくて回数を多くとべない」ということはよくあります。

また、合わないなわとびで練習を続けると、上達の妨げになる可能性があります。せっかく練習をするのであれば、やはりその子どもに合ったなわとびを購入しましょう。


モノ選びで大切な事

じゃあどこを見てモノを選べばいいのでしょうか。もちろん、「値段が高ければイイ」わけではありません。ここではなわとびを選ぶ時に見るべきポイントを紹介します。


①なわの材質

まず、なわとびの「なわ」の部分が何で出来ているのかを見ましょう。大きくロープタイプビニールタイプの2種類があります。小学校受験の教室や園・学校で指定されている、などの特殊なケース以外はビニールタイプを購入することをオススメします。ロープタイプは非常に回しにくいです。


②持ち手

持ち手は握りやすさや回しやすさを左右するため、非常に大事です。短いよりは長い方が握りやすいという子が多いですね。たまに長い持ち手のお尻の部分を握ってしまう子もいますので、持ち方や持つ位置は確認してあげましょう。


③なわの太さ

なわの太さは回しやすさにつながるので、しっかり確認しておきましょう。一般的には太い方が重くて遠心力がかかりやすく回しやすいとされています。ただその分、回すにあたって手首にかかる負担は大きくなります。また、当たった時にイタイです(笑)。子どもにとって重すぎず軽すぎないものを選びましょう。


④子どものテンションが上がるデザイン

優先順位は高くありませんが、やはりデザインも大事です。子どもがワクワクするようなデザインのモノを選んでおけば、少なくとも練習初期のモチベーションにはつながるはずです。性能を重視するあまり、見落としてしまいやすい部分です。上記した性能面でいくつか良さそうななわとびを選び、その中から子どもに「自分の好きなデザインのもの」を選ばせてあげるとイイでしょう。


オススメのなわとび5選

①アシックス 速トビプラス

アシックスさんが販売している、スタンダードでシンプルななわとびです。持ち手が軽く、持っていて疲れにくいなわとびです。持ち手とのつなぎ目に工夫があって、一番ちぎれやすいところをしっかりカバーしています。かわいいラメが入っているので、女の子が好んで使ってくれますね。カラーバリエーションも豊富で、お気に入りの色を選ぶことができます。


②瞬足 デビカ DEBIKA

子どものランニングシューズで有名な、瞬足さんが出しているなわとびです。持ち手が少し長く、グリップ部分がなわ本体からはなれているので、「手首の使い方」や「正しい持ち方」を覚えやすいです。また持ち手のスポンジが汗を吸収してくれるので、すっぽ抜けにくいのもイイですね。独特なカラーバリエーションがそろっているので、「他の人と違うもの」が好きな子どもにオススメ。


③クリアートビナワジュニア 91-230

こちらもアシックスさんが販売している、スタンダードななわとびです。なわそのものにも色がついているので、カラーバリエーションを2つ買って組み合わせることで、自分好みのなわとびにすることが出来ます。持ち手が長めなので、回しやすく、長さ調整もしやすいのでオススメです。


④スポーツなわとびプニ

ネーミングから分かる通り、持ち手のグリップ感がプニプニしている、独特ななわとびです。どうしてもなわとびに対して恐怖心が先行するような、小さい子どもにオススメの商品です。持ち手が少し短めなのも、小さい子どもには持ちやすくてイイですね。


⑤プーマ なわとび PM128

回しやすいことはもちろん、何よりデザイン性が高いなわとびです。さすがPUMAさんですね!どのカラーバリエーションもカッコいいです。親子でお揃いのものを購入するのもイイですね。持ち手が長く、お尻が大きいのですっぽ抜けにくくなっているのも、しっかり考えられています。


なわとびのやり方について

なわとびの教え方に関しては別の記事で紹介しています。その子に合った最高のなわとびを見つけたら、ぜひ参考にして練習してみてください。


まとめ

いかがでしたか?本音で言えば、「安く済ませたい」という気持ちがあることは、十分に理解できます(笑)。しかしここはぜひケチらずに“最高のパフォーマンスを発揮できるモノ”を買ってあげてください。お金では買えない「子どもの自信」につなげるためです。

ここに紹介していないなわとびの中にも、良いなわとびはたくさんあると思います。ぜひこの記事を参考に、子どもに合ったものを探して選んでみてください。

もちろんどんなに良いなわとびを使っても、運動神経が鍛えられていないと、動作の習得に時間がかかってしまいます。運動神経を上げたいならデルスポへ!お気軽にご連絡ください。

7回の閲覧0件のコメント