検索
  • Deltasports

体育館シューズの選び方とオススメの体育館シューズ5選



体育館シューズ、正しく選べていますか?最近では、体育館シューズを指定していない学校も少しずつ増えてきました。自由に選べるからこそ、「どれにすればいいのか分からない…」ということも。今回はそんな体育館シューズを選ぶうえで大事なことと、オススメのシューズを紹介します。


なぜ体育館シューズ選びが大事なのか

①ケガの予防



体育館で使われているワックスと、シューズの滑り止めの相性が悪いと、ツルツル滑って大変危険です!捻挫だけなく、骨折や股関節の脱臼など、様々なケガのリスクが高まります。体育館シューズは、通常のスニーカーと違い、体育館で使用されているワックスとの相性を考えて、滑り止めの性能を高めているので、こういったケガのリスクを低くしています。

また、クッション性能が高い体育館シューズは、ジャンプの着地などでヒザや足首にかかる負担を軽減してくれます。成長期において、こういった関節への負担を軽くすることは、非常に大事です。


②パフォーマンスの向上



滑り止めの性能が高いので、動作の切り返しが速くなります。俊敏な動きに対応できるので、様々なスポーツでのパフォーマンスが高くなることが言えます。体育館で行なうスポーツと言えば、バスケットボール、バレー、卓球、バドミントンなど、どれも俊敏性が大事なものばかりです。


体育館シューズ選びで大事な事


①滑り止め



滑り止めがついていることは必須条件です(ついていない場合は、そもそも体育館シューズではない可能性が高いです)。安全に体育館での運動を楽しむためには、やはり滑り止めは最低限の機能です。外で履くスニーカーと違い、溝が多くあるのが特徴です。しっかりチェックして購入しましょう。


②通気性



体育館シューズを履いて運動すると、シューズの中はかなりムレます。湿気を逃がせないと、劣化を早めてしまい、すぐに破損してしまいます。破損した際に思わぬケガの原因にもなり得ますので、大変危険です。また菌が繁殖して匂いの原因にもなります。買い替え時も早くなってしまうので、通気性がよさそうか、しっかりチェックしましょう。


③重さ



もちろん、軽い方が履いてて疲れにくいのでオススメです。「デザインが良いだけで重いシューズ」はできるだけ避けた方がいいでしょう。パッと持ってみて、「見た目以上に重いな…」と感じる商品は避けましょう。


④クッション性



靴底のクッションも非常に大事です。ジャンプの着地の際、足には体重の1.5倍程度の負荷がかかります。ヒザやコシなどの関節に大きな負担をかけてしまい、蓄積していくと大きなケガにつながります。クッション性の高い体育館シューズを選んで、各関節にかかる負担を軽減しましょう。


⑤脱げにくさ



履きやすいタイプとして、スリッポンタイプやマジックテープタイプがありますが、あまりオススメしません。「履きやすい≒脱げやすい」なので、動作の切り返しの際に脱げやすくなります。

靴ひもタイプが一番脱げにくく、足を保護してくれるのでオススメです。毎回ひもを結ばないといけないのは面倒ですが、リスクを避けるためには必要な手間です。


オススメの体育館シューズ5選


ここからは、具体的にオススメの商品を5つ紹介します。


①アシックス ANG580



アシックスさんは、独自のスポーツ工学研究所をもち、素材の開発や構造の設計を行っています。こちらの体育館シューズも、日本人の足を考えてつくられているので、履きやすさや安全性が非常に高いためオススメです。


②Achilles(アキレス) スクールリーダー ISR 6000



瞬足シリーズで有名になったアキレスさん。もともとは建築資材を扱う会社さんのため、原材料にこだわって作られています。クッション性に優れており、またパフォーマンスを最大限に発揮するための独自の仕組みがあります。ランニングシューズとお揃いのメーカーを選ぶ、というのも一つの選択肢ですね。


③MoonStar(ムーンスター) ジムスターS400



ムーンスターさんは、老舗の靴メーカーです。子ども用から紳士・婦人用まで幅広く展開しています。中でも体育館シューズの販売では最も長い歴史を持つメーカーの一つなので、安心感が違います。もちろん性能も非常に高いので、こちらのシューズもオススメです。


④ASAHI(アサヒ) グリッパー37



ムーンスターさんと同様、古くから体育館シューズを取り扱うメーカーさんです。内履きのイメージが強いかも知れませんが、体育館シューズの開発にも早くから力を入れているので、性能もバツグン!中でもこのシューズは、通気性に優れており、劣化しにくい逸品です。


⑤MIZUNO(ミズノ) 29KV120



ランニングや野球、テニスやバレーボールなど、さまざまなスポーツのシューズをつくっているミズノさん。体育館シューズにおいても、スポーツの動作に合わせた商品開発を行なっています。安全性、パフォーマンス、ともに高い品質を持つこちらのシューズもオススメです。


まとめ

子どもに合わせた体育館シューズ選び、とっても大事です。もちろん、シューズの性能はあくまで「その子の持つ能力を引き出すアイテム」です。「その子の持っていない能力」は引き出すことが出来ません。

最近では運動神経の低下に伴い、「転ぶときに手を前につけず、顔から着地してしまう子」が多いことが指摘されています。これは、どんなに性能の高いシューズを持っていても、運動神経を向上させないと防ぐことの出来ないケガです。

その子に合った体育館シューズと、最高の運動神経で、ケガの防止と最高のパフォーマンスを手に入れましょう!興味のある方は、ぜひ無料体験へ!お気軽にお申し付けください!

2回の閲覧0件のコメント
ss.png

デルタスポーツ 上池袋教室
〒170-0012  東京都豊島区上池袋1丁目35-6ヨウコースクウェア上池袋2階

スクリーンショット 2021-03-17 16.50.38.jpg

【営業時間】

火~金 15:00~19:00 土 9:00~17:30

電話番号

03-5972-1273

Copyright 2019 Delta Sports All Rights Reserved.

スクリーンショット 2021-03-17 16.50.19.jpg